Parallels Desktop® 13 for Mac の魅力とは?

0

パラレルスは 8 月 25 日に Parallels Desktop® 13 for Mac の日本国内での発売を開始しました。今回のアップデートでは、最新の Mac の機能を Windows にもたらしただけでなく、Windows の素晴らしい機能を Mac 側でも使用できるようしました。また、常に力を注いできたパフォーマンス面でも大幅な改善を達成したほか、グラフィックス機能も大きく向上しており、これまで以上に迅速かつ効率的に作業を進めることが可能となりました。Parallels Desktop 13 は、今後リリース予定である macOS® High Sierra や今秋アップデート予定の Windows 10 の新機能にも対応しています。

Parallels Desktop 13 の最大の特徴は、Mac と Windows 双方の新しい「バー」を利用できるようにしたことです。まず一つ目の「バー」は、昨年登場して大きく話題となった新型 「MacBook Pro」 に搭載されている 「Touch Bar」 です。今回のアップデートでは、Touch Bar を Windows、および Windows アプリケーションでも使用できるようにしました。これによって、頻繁に使うアプリケーションへのアクセスや、アプリケーション内での作業をよりスムーズに行うことが可能となります。

【Windows アプリケーションでの Touch Bar のサポート】

二つ目の「バー」は、今秋予定されている 「Windows 10 Fall Creators Update」 で導入される新機能の 「People Bar」 です。People Bar を使うと、ユーザーは頻繁にコミュニケーションを取るコンタクトをタスクバーにピン留めすることが可能になります。Parallels Desktop 13 では本機能を応用し、Mac の Dock にコンタクトをピン止めすることを可能にしました。Dock 上の大きなアイコンでコンタクトの写真を表示できるため、 Mac 上でもより簡単に友人や同僚とのコミュニケーションができるようになります。

【Windows 10 People Bar】

また、Parallels Desktop の新たなカスタマイズ設定として、ピクチャ・イン・ピクチャ (PiP) ビューが加わりました。これによって、メインで使用している OS やスクリーンに加え、起動中の別の OS やアプリケーションを最前面に常時アクティブ表示することが可能になります。ビデオの視聴や株価のチェックなど、常にモニタリングする必要がある場合や、複数の仮想環境を同時に確認する必要がある場合に役立つソリューションとなります。

【ピクチャ・イン・ピクチャ (PiP) ビュー】

以上のように最新の Parallels Desktop 13 では、Mac と Windows それぞれの最新機能のサポートはもちろん、PiP  ビューという新たな表示モードの追加など、これまで以上に生産性の高い作業環境を整えました。ユーザーは頻繁に使うアプリケーションやコンタクトへのアクセスを、より簡単に、スムーズに行うことができるようになります。さらに、パフォーマンスが大幅に改善し、グラフィックス機能も大きく向上したため、全てのユーザー様に従来製品との大きな違いを感じていただけることと思います。

Parallels Desktop 13 の詳細は、http://www.parallels.com/jp/products/desktop/ よりご確認いただけます。また、こちらよりご試用期間中はすべての機能が使える Parallels Desktop 13 の 14 日間無償トライアルもダウンロードいただけます。

Leave A Reply