Parallels Desktop がアートとテクノロジーの融合に貢献

0

パラレルスの代名詞ともいえる Parallels Desktop for Mac は、ビジネスに限らず様々な分野で広く活用されています。Mac 上で再起動せずに Windows 環境などが実行できるシンプルかつパワフルなソリューションであるため、複数の OS をシームレスに展開できることが何よりの強みといえるでしょう。特に、Mac のデザイン・アート性と Windows の自由度の高い開発環境を両立させたい場合に非常に有効なソリューションとなります。

8 月 5 日に発売された月刊 MdN 9 月号では、「インタラクションデザインの研究・開発に仮想化ソフトウェアはどう役に立つのか」と題し、美術大学でデザイン情報学を学ぶ学生さんに実際に Parallels Desktop を使っていただいた際のインタビュー記事が掲載されています。

本記事では、「試しにいくつか Windows で開発したプログラムを持ってきてみましたが、Boot Camp のように逐一マシンを再起動しなくても Mac と Windows を同時に立ち上げられて、OS 間のデータのやり取りがとてもスムーズです。キーボード配列は Windows 用に割り当てできるようですし、用途に合わせてチューニングしておけばパフォーマンスも遜色なさそうですね」*と Parallels Deskltop に対して高い評価をいただいています。

今後はこれまで以上に IT が身近になり、デザインとテクノロジーの融合がますます進んでいくと予想されます。Mac のグラフィック機能や操作性は手放せないながらも、Windows の開発環境が不可欠といった場面は、今後さらに増えてくるかもしれません。

このように、Mac および Windows 双方のメリットを生かした環境において業務や作業を行う全ての方々にとって不可欠な環境を提供できるよう、今後もパラレルスはお客様の声を聞きながら Parallels Desktop をより一層進化させていきます。

月刊 MdN の詳細はこちらからご覧いただけます。

* 出所: MdN VOL. 281 2017 年 9 月号 P.58 本文記載内容より一部引用

Leave A Reply