仮想化とは?

0

仮想化とは?

コンピューターやソフトウェアの世界において、仮想化とは仮想のハードウェアやソフトウェア、OS およびネットワークを使用することを意味します。実際のハードウェアやソフトウェアと異なるのは、仮想版では機能性を失うことなく、エミュレーション (ある装置やソフトウェアの挙動を別のソフトウェアなどによって模倣し、代替として動作させること) が可能な点です。

コンピューターにおける仮想化は、テレビで言う「ワイプ」や「画面分割」に似ています。異なる 2 つのコンテンツが同時に一つのデバイス上で動作する状態になるのです。 (例: Mac® で Windows® など)

blkog 18

Parallels Desktop で行う仮想化とは?

Parallels Desktop® for Mac を使うと、ユーザーは Mac 上で、Windows や Linux®、さらには古い Mac の OS を動作させることが可能になります。また、すでにインストール済みの macOS® に加えて、仮想化ソフトウェアによってさらに他の OS を同時に稼動させることができます。

Parallels Desktop のソリューションにより、Apple® ユーザーが Windows や Linux、その他の OS を使用することが初めて可能となりました。このアプリケーションは Intel® 搭載の Mac 上の Mac OS X® や macOS アプリと並行して作動します。

一般的に、仮想化は既存のハードウェアを使って、「バーチャル」に複数の OS を「ホスト内」で動かすことになります。これにより、再起動することなくシームレスに Mac の OS と Parallels Desktop 上の OS 間を行き来することが可能となります。

よりテクニカルにいえば、Parallels Desktop は「ハイパーバイザー」のテクノロジーです。ハイパーバイザーは、ひとつのコンピューター システム上で複数の OS を展開するための下層のソフトウェア コンポーネントとなります。ハイパーバイザーがシステムのプロセッサーやメモリ、その他のハードウェアのリソースを利用することにより、エンドユーザーがゲスト OS 上に必要とするもの全てをシームレスに展開することができます。

ゲストマシン (バーチャルマシン) は、ハイパーバイザー上にインストールされた OS となります。ハイパーバイザーの利点は、ホスト OS とゲスト OS の両方がユーザーの動きに非常に迅速に反応するため、エンドユーザーにとっては通常の動作スピードで動いていると感じられる点です。そのため、再起動の必要性や速度の低下を心配することなく Word 2016 と Keynote® を同時に使用することも可能となります。思うままの操作をお楽しみいただけます!

仮想化にご興味をお持ちであれば、こちらから 14 日のフリートライアルをお試しいただけます。是非、再起動なしに Windows アプリを Mac 上で使用してみてください。

Boot Camp や Parallels Desktop for Mac、その他の仮想化ソリューションを使用するには、別途 Microsoft Windows を購入する必要があります。まだお持ちでない方はこちらから購入いただけます。

Leave A Reply