仮想化はフリーソフトで充分?

0

ここ数年で急速に拡大してきた仮想化市場ですが、すでに何かしらの仮想化ソフトをお使いの方も多いかと思います。フリーソフトも出回っている仮想化デスクトップ市場、果たしてわざわざお金を払って Parallels Desktop のような有料ソフトを購入する必要があるのでしょうか?少し検討してみましょう。

 

フリーソフト

メリット

  • 無料

デメリット

  • Mac のハードウェアや OS に最適化されていないため処理速度が遅い
  • コンピュータの再起動が必要
  • 最新の周辺機器が仮想環境で使えない
  • 最新のホスト OS に対応していない
  • ゲスト OS として使いたい OS の仮想化に対応していない
  • OS X や macOS の機能が仮想環境上で使えない
  • アップデートが不定期…..など

Parallels Desktop

メリット

  • Mac の操作感を生かした UI
  • コヒーレンスモード (Windows と Mac のアプリを並べてシームレスに使用可)
  • 安定したパフォーマンスと高速化に注力
  • 最新の周辺機器や OS にも対応
  • 最新 macOS の機能が仮想環境上でも使える
  • 定期的なアップデートの実施…..など

デメリット

  • 有料
  • IME 切り替え設定が必要(PD12では自動で設定されます)

 

いかがでしょうか?もちろん使途によりけりですが、例えば業務で Mac と Windows の両方を使う必要のある方や、プライベートでも Mac が持つシームレスな操作感を失いたくない方、そして言うまでもなく、ヘビーユーザーや業務利用をする方々はやはり操作性、動作の速さ、簡易性、管理のしやすさなどが重要となってきます。

Parallels Desktop を利用しているあるユーザーからは、「圧倒的にいいなと自分が思ったのは、OS をシームレスに行き来しているように感じる点です。Mac の Dock から直に Windows OS にアクセスできる。Mac のアプリケーションを使っている感覚で Windows の UI を体感できるというのはすごいと思いました」と、大変喜ばしいお言葉をいただきました。やはり処理の速い快適な動作環境で、再起動なしにストレスなく OS 間を行き来できるというのは重要なようです。

時間に余裕のある方は両方試してみて、自分にあった方を選択してみてはいかがでしょうか? Parallels では 14 日間の無料お試し期間がありますので、是非一度 Parallels のシームレスな操作感をお試しください!

トライアル版はこちらから: http://trial.parallels.com/?lang=jp&terr=jp

Leave A Reply