2017 年バーチャルクライアントコンピューティング業界予測: IT 運用で成功するためのツールと情報

0

バーチャルクライアントコンピューティング (VCC) を検討している IT 部門の方はご存知かと思いますが、仮想デスクトップやアプリケーションをあらゆるデバイスに配信するソリューションは数多く存在しています。IDC 社による最新の業界動向分析である 「IDC MarketScape: Worldwide Virtual Client Computing Software 2016 Vendor Assessment」 では、IT 部門が VCC ソフトウェアを購入する際に検討すべき重要なポイントが示されています。また、 Parallels Remote Application Server (以下、「RAS」) に関して、この分野における主要プレイヤーとして位置付けており、「パラレルスが当市場にもたらした最大の強みはそのシンプルな操作性にある」と紹介しています。

IT 運用で成功するためのカギ:

  1. セットアップから運用までの素早さ

IT 管理者にとって、インストールの早さ・シンプルさは非常に重要です。Parallels RAS であれば、インストールから完全なセットアップ、設定を含め、数時間で終えることができます。IDC MarketScape では、「VCC ソフトウェアのインテグレーションによって迅速にセットアップできることこそ、パラレルスが顧客から高い評価を得ている理由です」 と紹介されています。

  1. 優れたユーザー エクスペリエンス

IT 管理者がシステム統合の簡易化によって業務効率を重視する一方、エンド ユーザーのユーザー エクスペリエンスももちろん重要になってきます。Parallels RAS では、iPad や iPhone、Android のタブレットやスマホ端末上で、その OS 本来の使い慣れたネイティブタッチ ジェスチャーで仮想アプリケーションやファイルを使用でき、より生産性の高い業務が可能となります。IDC は、Parallels RAS のインテグレーションの質の高さを強調しています。

  1. 収益性

IT 管理者にとって導入コストはひとつの重要な要素であり、いかに必要要件を満たした製品をいかに予算内で購入できるかということに気を向けていることでしょう。Parallels RAS では、同時ユーザー数 15 から数千ユーザーに至るまで幅広く対応可能である一方、他のソリューションと比較して企業は最大 60% もライセンス コストを削減することが可能です。IDC MarketScape では、「Parallels RAS は大手 VCC ベンダーの質の高い製品と比較すると、かなり低い費用で販売されている」 といった記載や、 「パラレルスは多くの案件に適応できる、フレキシブルな後払い制度も整っている」 と言及しています。

  1. モバイル インテグレーション

「働き方改革」が叫ばれる今日、場所や時間をいとわずに、モバイル端末を利用して従業員が効率的に、また継続して業務を行えるよう労働環境を整える必要性が高まってきました。Parallels RAS を使用すれば、IT 部門では利用許可を出す従業員の選択とメール送信を簡単に行い、そのメールから従業員はクライアント端末用のアプリを簡単にインストールすることができます。Parallels RAS は Windows アプリやファイルを使用する際に、iOS や Android 端末をネイティブタッチ ジェスチャーで使用することができる、唯一のソリューションです。また、Parallels RAS では HTML5 対応ブラウザを搭載したあらゆる端末上で、場所をいとわずに必要なアプリやファイルへアクセスすることが可能です。

  1. フレキシビリティとスケーラビリティ

IDC MarketScape では、VCC 導入に当たり、企業や IT 管理者は今後の成長に合わせられるフレキシビリティを求めていると分析しています。Parallels RAS はオンプレミスでも、データセンターにでも、また Amazon Web Services や Microsoft Azure などのクラウド上にも展開できるため、状況に大きな変化があった場合でも IT 部門はシームレスに対応することが可能です。

http-success.parallels.comrs290-DNL-975imagesIDC-VCC-MarketScape-Parallels-768x802

SOURCE: IDC MarketScape: Worldwide Virtual Client Computing Software 2016 Vendor Assessment, by Rob Young and David Laing, Nov 2016, IDC Doc#US40700016.

IDC MarketScape vendor analysis model is designed to provide an overview of the competitive fitness of ICT suppliers in a given market. The research methodology utilizes a rigorous scoring methodology based on both qualitative and quantitative criteria that results in a single graphical illustration of each vendor’s position within a given market. The Capabilities score measures vendor product, go-to-market and business execution in the short-term. The Strategy score measures alignment of vendor strategies with customer requirements in a 3-5-year timeframe. Vendor market share is represented by the size of the circles. Vendor year-over-year growth rate relative to the given market is indicated by a plus, neutral or minus next to the vendor name.

「IDC MarketScape: Worldwide Virtual Client Computing Software Assessment」 (抜粋) は、こちらでご登録後にダウンロードいただけます。 (英語のみ)

Parallels RAS の詳細は、こちらからご覧いただけます。

Leave A Reply